みんなが気になるシェアハウスコラム「憧れのシェアハウス…防犯面やプライバシーは確保できる?」に関するページです。

Guest House Bank
山手線のシェアハウス

> 憧れのシェアハウス…防犯面やプライバシーは確保できる?

憧れのシェアハウス…防犯面やプライバシーは確保できる?

いろいろな人と共同生活を楽しめるシェアハウスは、実際に体験するまではプライバシーはもちろん、セキュリティも気になるところです。そこで、こちらではシェアハウスの方がセキュリティに優れていることをご紹介します。

プライバシーを守るために心がけたいこと

シェアハウスのシステムにはいろいろな種類があり、ある程度プライバシーを確保しているソーシャルアパートメントなどもあります。ですが、共同生活をしている以上、一人暮らしのように誰にも会わずに過ごすというのは困難です。そこで、最低限のプライバシーを守るために同居する人とある程度の規則を作り、一人ひとりがしっかり守ることが大切です。また、居住者が集まって話し合いをして、意見を共有することで、お互いに不満のない、プライバシーを確保した生活ができるようになります。

女性に安心!みんながいるシェアハウスならではの防犯メリットとは

女性の場合は特に、一人暮らしをしているとストーカーや泥棒などに狙われやすくなります。彼らは家が留守になっているときに行動することが多いため、複数の居住者がいる世帯は避ける傾向にあり、シェアハウスだと防犯面でも安心です。また、有事の際にもそばに人がいることでアドバイスをもらえたり通報や状況説明、パニックの緩和に協力してもらえたりと気持ちの上で心強いです。
さらに、セキュリティサービスが充実している物件も多いです。一人暮らしではこれらのサービスは金銭面の負担が大きいですが、シェアハウスは居住者で分担されるため手ごろな価格で利用できます。

気になる方は防犯面重視または個室物件を選ぶ手も!

基本的に防犯面で一人暮らしよりも安心できるシェアハウスですが、それでも不安がある人には、さらに防犯設備の整っている物件を選ぶという方法もあります。近年では、玄関のオートロック、防犯カメラ、セキュリティサービスが標準でついている物件もありますので、女性のシェアハウス暮らしも安心できます。中には、個室ごとにオートロックの付いた完全個室物件も見つけられますので、プライバシーを大切にする人でも快適に生活することができます。家賃を抑えたい、安全に暮らしたい時にお勧めです。

シェアハウスは防犯対策にもおすすめ!

このように、シェアハウスは防犯対策としてもかなり便利なシステムです。シェアハウスに入居するには所定の審査を受けなければならず、同居する相手もきちんとした身元の人が多いですし、どうしても不安があれば、完全個室タイプの物件を選ぶのもよいでしょう。シェアハウスでの生活に慣れると、他の居住者と情報のやり取りをしたり、親しくなって一緒に出掛けるようになったりと一人暮らしとはまた異なる充実した生活が送れるようになります。一人暮らしに不安がある人はぜひ検討してみましょう。

Copyrights© 2007-2017 GuestHouseBank.com