みんなが気になるシェアハウスコラム「気になる男女シェアハウスの実態!気をつけたいポイントとは?」に関するページです。

Guest House Bank
山手線のシェアハウス

> 気になる男女シェアハウスの実態!気をつけたいポイントとは?

気になる男女シェアハウスの実態!気をつけたいポイントとは?

新しい生活スタイルの場として認知度が高まっているシェアハウスには、女性専用・男性専用といった同性限定のものと、男女共用のものがあります。そして両者共にそれぞれメリットがある反面、特に男女が一緒に暮らす後者では、時に一筋縄ではいかない“トラブル”が発生することもあります。そこで改めて、男女のシェアハウスでトラブルを避ける為に意識すべきポイントについて考えてみましょう。

女性専用・男性専用シェアハウスはやっぱり気楽!

そこに同性しか存在しないということの最大のメリットは、やはり「異性の目を気にしなくても良い」ということでしょう。シェアハウスは最初から家族や友人、知人が集まって暮らすわけではなく、中には初対面で何となく馬が合わないかもと感じる相手がいる可能性もあります。しかし、そのような時でも、同性専用のシェアハウスであれば、それぞれの住民が女性同士、或いは男性同士だからこそ、素直に悩みを打ち明けられたり、或いは腹を割って文句を言い合えることもあるでしょう。シェアハウスが“家”である限り、リラックス出来る環境を作る為に行動しやすいと言うことは非常に大きなポイントです。

出会いや賑やかさ…男女共用シェアハウスはメリットがたくさん!

男女共用のシェアハウスにもまた、同性専用の場所にはない特徴やメリットがあります。まず、シェアハウスは基本的に、男女共に独身の利用者が多いです。さらに、例えば明らかに女性の方が多い場所に単独で入居を考えている男性もあまりおらず、結果として男女比も意外と落ち着いたものになる傾向が強いと言えます。そして何より、やはり男女が一緒に暮らす最大のメリットは、それまでの生活では縁のなかったような異性と思いがけず出会える可能性があると言うことでしょう。しかも、そのまま恋に発展して、やがて結婚するカップルも皆無ではありません。人生に変化や新しい経験を求める人にとっても、シェアハウスは魅力的な場所の一つになっているのです。

男女共用の場合に気をつけたいポイントとは

いかにも素敵な時間が待っているように思える男女共用のシェアハウスですが、忘れてはいけないことは、そもそも全員が全員、恋の相手を探しているわけではないと言うことです。むしろ、身近でそのような関係が生じることに不快感を抱く人がいるかも知れません。親しき仲にも礼儀ありと言う言葉がある通り、例えば下着などの洗濯物の干し方に気をつけたり、特に共有スペースでは、仮にその瞬間は他に人がいなくとも、いつ誰が現れるか分からないと言う意識を大切にして、相手が異性・同性に関わらず、自分が人前に出ても恥ずかしくない格好を心がけたりしておくことは、最低限のマナーとして必要です。

マナーを守って男女共同シェアハウスを楽しく過ごそう

シェアハウスで暮らす同居人は、基本的に親や兄弟ではありません。ましてや、最初は友人や知人ですら無いかも知れません。このことは、新しい出会いを楽しめると言うメリットになる一方で、育ってきた環境がまるで違う相手と一緒に生活する難しさに直面すると言うデメリットにもなり得ます。しかしながら、それはつまり、それまでの自分の“家”から一歩外に出て、広い“世界”そのものを新しい“家”にするようなものであるとも言えるでしょう。だとすれば、そこには多くの可能性が詰まっています。相手が同性であれ、異性であれ、まずは一人の「人」として接することを大切に心がけていけば、もしかするとそのシェアハウスこそが愛する人と出会える場になるのかも知れません。

Copyrights© 2007-2017 GuestHouseBank.com