みんなが気になるシェアハウスコラム「シェアハウスの光熱費の仕組みとは?支払い方やルールを押さえよう」に関するページです。

Guest House Bank
山手線のシェアハウス

> シェアハウスの光熱費の仕組みとは?支払い方やルールを押さえよう

シェアハウスの光熱費の仕組みとは?支払い方やルールを押さえよう

シェアハウスに興味がある人にとって、光熱費の支払い方法も気になるところです。シェアハウスによって様々な支払い方がありますが、ここでは代表的な光熱費の支払いの仕組みについて解説していきます。また、エアコンなど電気の使用量が多い人はお得になるケースもあるため、ぜひ参考にしてください。

シェアハウスの光熱費は固定されていることが多い

シェアハウスは建物一括で電気代やガス代などの光熱費を管理していることが多く、家賃に加えて光熱費を共益費として定額制にしているケースが一般的です。物件によって金額は異なりますが、もちろん物件情報に金額が明示されています。 夏にエアコンを多用したり、冬に暖房を使うことが多い人は、光熱費のなかでも特に電気代がかなりの額になります。こういった人はワンルーム・一人暮らしの場合でも夏場は電気代だけで10,000円を超えてしまうケースもあり、光熱費が定額制のシェアハウスの方がかなりお得になります。

支払い方はシェアハウスそれぞれ…さまざまな支払いパターンとは

光熱費の支払い方はそれぞれのシェアハウスによって異なりますが、おおむね3つの代表的なパターンがあります。ひとつは、「家賃+共益費」というパターンで、共益費のなかにあらかじめ光熱費も含んでいる支払いの方法です。次に、「家賃+光熱費+共益費」というパターンがあり、目的ごとに分けて金額を請求する方法です。そして「家賃+光熱費」というパターンもあり、共益費が家賃に含まれている形式です。物件を比較する際に混乱しないよう、この3つの支払い形式を整理しておくことが大切です。

シェアハウスによってはこんな光熱費ルールも

光熱費が定額制の場合、電気やガスなどが使い放題になりますが、なかには使用できる上限が定められているケースもあるため注意が必要です。また、シェアハウス内で協力して電気を消し合い、節電を積極的におこなうといった文化がある場合もあったり。シェアハウスによっては部屋ごとにメーターがついており、電気の使いすぎを防ぐといった工夫をしていることもあります。料金の支払い方法だけでなく、事前にシェアハウスごとに定められたルールや光熱費に関するスタンスをきちんと確認しておくことが大切です。

シェアハウスは光熱費削減にもおすすめ

シェアハウスによって支払いの仕組みはそれぞれ違いますが、一人暮らしに比べて光熱費がお得になるケースがほとんどです。電気やガスの基本料金などの仕組み上、複数の入居者で分担した方がトータルでは割安になるからです。特に電気やガスをたくさん使いたいという人にとっては、定額制というのも大きなメリットです。もちろん金額面の条件以外に、シェアハウス独自の光熱費に関するルールと自分のライフスタイルが合致しているかを確認することも大切です。自分に合ったシェアハウスを選べばほとんどの場合で光熱費の削減が期待できます。

Copyrights© 2007-2017 GuestHouseBank.com