みんなが気になるシェアハウスコラム「シェアハウスはどれくらい電気代がかかる?一人暮らしと徹底比較」に関するページです。

Guest House Bank
山手線のシェアハウス

> シェアハウスはどれくらい電気代がかかる?一人暮らしと徹底比較

シェアハウスはどれくらい電気代がかかる?一人暮らしと徹底比較

初期費用の安さが魅力のシェアハウスですが、電気代はどのくらいかかるのでしょうか。一人暮らしと比較して電気代が多くかかるようでは毎月の請求額が心配です。そこで、シェアハウスと一人暮らしでの電気代を比較し、どちらがお得であるかについて説明します。

一人暮らしはだいたいどれくらい電気代がかかる?

一人暮らしの場合の電気代は、2,000円~5000円が相場です。これは、生活スタイルによっても異なり、電気代のかかるエアコンをよく使う人は、さらに加算され、人によってはかなりの出費となるケースもあります。学生でよく家で過ごすタイプの人の場合では、家にいる時間の長さだけ電気代がかかり、逆に社会人で、夜しか家にいる時間がなく、休日は出かけている人の場合では電気代は安く済みます。しかし、一人暮らしを始める際には、部屋には何もない状態から生活をスタートしますので、電化製品を買い揃える必要があり、初期費用や引っ越し代の時点で、かなりのお金が必要です。

電気をよく使う人ほどシェアハウスはお得?

多くのシェアハウスでは、電気代が一定に設定されているところや、家賃や共益費としてあらかじめ含められているといったケースが多くみられます。ガスや水道と合わせても7,000円~8,000円が相場であると言えるでしょう。そのため、家にいる時間が長い人や、電気を多く使う人にとってはシェアハウスのほうが電気代が節約できます。インターネット代が含まれているシェアハウスもありますので、さらなる節約も可能です。シェアハウスでは、家電もあらかじめ設置されていますので、準備費用もかからず、引っ越し代もおさえることができます。

電気代実質負担と定額ではどちらが節約できる?

シェアハウスにおいて、電気代は定額制であるところが多くありますが、なかには一部屋ずつに電気メーターが設置されたタイプもあります。そういったシェアハウスの場合には、電気は実質負担ですので、使った分だけ請求されます。エアコンをあまり使わない人や、家にいる時間の少ない人にとっては、定額性よりも実質負担である方が安く済む場合が多いでしょう。逆によくエアコンを使う人や、自分の部屋にミニ冷蔵庫を置きたい人は電気代がかさんでしまうため、定額制を選ぶことをおすすめします。

ライフスタイルにあったシェアハウスを探して節約しよう!

シェアハウスは、電気代の請求方法を選ぶことで一人暮らしより電気代をおさえることが可能です。たくさん電気を使う人は定額制を選ぶことで、毎月の請求金額を気にすることなく暮らすことができるでしょう。逆に電気をあまり使わない人は、実質負担にしておくことで、さらに電気代が安く済みます。シェアハウスでは家具や家電があらかじめ設置されているため、初期費用も安いのがメリットです。自分の暮らし方に合ったシェアハウスを選ぶことで、さらなる節約が可能で快適な暮らしができるでしょう。

Copyrights© 2007-2017 GuestHouseBank.com