みんなが気になるシェアハウスコラム「実は節約したい人にもおすすめ?気になるシェアハウスの実態とは」に関するページです。

Guest House Bank
山手線のシェアハウス

> 実は節約したい人にもおすすめ?気になるシェアハウスの実態とは

実は節約したい人にもおすすめ?気になるシェアハウスの実態とは

シェアハウスと言ってもテレビや雑誌の華やかなイメージだけが先行してしまい、実際どうなのか気になるところです。どんな人が住んでいてお金はどれくらい使うことになるのかとても気になります。今回はその点を中心に紹介したいと思います。

シェアハウスにはどんな人が住んでいるの?

シェアハウスに住む人は20~30代が多いです。特に、女性は20代の方が多いです。職業も様々で土日休みの方だけでなく、平日休みの方もいます。また国籍も日本だけでなく、海外の方もいます。
シェアハウスに住む人は、シェアメイトとの賑やかな生活を楽しみたいという人が多いです。しかし、一定数以上に、節約を考えて住んでいる人もいるのが実際のところです。節約タイプは部屋を中心に料理など必要な時にラウンジを使うというような合理的なタイプの方が多いです。多くはこの2パターンに分かれます。

シェアハウスの支払いはどうなっている?

物件によってもちろん違いがありますが、光熱費は共益費に含まれるなど固定性のことが多いです。変動費を含んで生活費を計算できる分節約しやすくなります。さらに、女性専用シェアハウスなどはホームセキュリティがあるなど、充実した設備がある場合の使用費も共益費に含んでいる物件もあります。
自分の部屋で過ごすだけでなく、気分転換に部屋よりも広い共有スペースを使いましょう。共有スペースは入居者の方はどなたも自由に使えるため、一軒家で自由に過ごすことができます。しかも、費用を抑えることができるためお金も貯めることができます。

節約したい人はシェアハウスを選ぶ傾向に

シェアハウスは節約に向いている点は、家賃だけでなく光熱費等も含んでいることです。夏の暑い時期にエアコンを長時間気にすることなく使うこともできます。どのシェアハウスも制限を設けているようですが、制限を超えて使うことはほとんどないようです。お風呂やシャワーも共有なので総合的に考えると、一人暮らしをするより安く済ませられる可能性が高いです。
さらに、トイレ掃除など自分の部屋以外は係りの方が済ませてくれることが多いので時間の節約にもなります。そのため節約を考えて住んでいる人が最近は増えている傾向にあります。

ゲストハウスバンクにはコスパがいい物件が目白押し

そんな節約重視の方にオススメなのがゲストハウスバンクです。ゲストハウスバンクのサイトにはコストパフォーマンスの高い物件が多く取り扱われています。値段と立地を比較検討できる物件があり、おすすめの物件が豊富です。エリア検索だけでなくシェアハウスの特徴も含めて絞り込むことができます。部屋のこだわりや周辺に何があるかという生活環境にも配慮して物件を選ぶこともできます。
シェアハウスは賑やかな雰囲気だけではありません。ゲストハウスバンクを通じて、節約してお金を貯めるためにシェアハウスを選ぶスタイルも拡がっています。

Copyrights© 2007-2017 GuestHouseBank.com