みんなが気になるシェアハウスコラム「トラブルを避けるために…シェアハウスで気をつけたい注意点3つ」に関するページです。

Guest House Bank
山手線のシェアハウス

> トラブルを避けるために…シェアハウスで気をつけたい注意点3つ

トラブルを避けるために…シェアハウスで気をつけたい注意点3つ

シェアハウスでは他人同士が同じ空間で生活をするため、契約書を通していくつかのルールやマナーを設けています。ルールやマナーはお互いが快適に生活するためのものなので守る努力が必要とされていますし、トラブル回避のための対策でもあるのです。 そこで今回はシェアハウスで気をつけておきたい、契約やルール、マナーに関する注意点を紹介します。

意外と多い契約のトラブル…定期借家契約かチェック!

シェアハウスのトラブルで意外と多いのが、契約の種類です。一般的に想像されやすいシェアハウスの契約の種類は「普通借家契約」なのですが、実際には一般的なアパートやマンションの契約と同じく「定期借家契約」の形を取っているところがほとんどです。この定期借家契約はシェアハウスの場合は契約期間をおよそ3ヶ月から6ヶ月程度として、契約更新は貸主の意思で更新するかどうかを決められるところが特徴だとされています。そして注意しなければいけないのが、定期借家契約のシェアハウスは中途契約が出来ないところです。さらに借主の都合で契約期間よりも早く退去する場合には、残りの契約期間の賃料を請求されてしまいます。そのため、契約できる時期や契約期間の確認、早期退去の際の対応を事前に確認しておく必要があるのです。

共有スペースはみんなが気持ちよく使えるよう最大限の配慮を

シェアハウスは自分たちが個室として借りている部屋以外は、全て利用している人たち全員が使用する共有スペースになっています。特にキッチンやリビング、トイレや風呂場は誰もが利用する可能性の高いところなので、色々な人の目に触れやすいスペースです。そのため使ったままの状態で放置したり個人のものが片付けられていないなど汚い状態のままだとトラブルになってしまう可能性があり、注意しなければいけないポイントのひとつだと言われています。トラブルを回避するためには共有スペースは使った後は片付ける、常に綺麗な状態を維持するなど、自分だけではなく生活している人全員が気持ちよく過ごせるように配慮しなければいけません。

決められた担当は責任を持ってきちんとやろう

ほかにもシェアハウスで見られるトラブルで多いのが、シェアハウス特有のルールである「担当」です。シェアハウスでは基本的にそれぞれが自由に生活しているのですが、共有スペースの掃除やゴミ捨てなど一定の家事に関しては生活している人たちの中で持ち回りでの担当を決めているところがほとんどです。そのため自分が担当になった時にサボってしまうと管理会社に連絡が入ってしまうほか、他の人たちから責任を追及されてしまいます。さらに何度もサボってしまうと周囲から不信感を抱かれやすく契約更新にも影響が出てくるため、自分の担当の日を確認して忘れずに責任を持って仕事をすることが大切です。

マナーやルールを守ればシェアハウス生活は快適

このようにシェアハウスは一見すると気楽に生活できると思われがちですが、他人同士で生活をするからこそトラブルを引き起こしやすいですし、トラブル回避のために設けられているルールやマナーは意外と多くなっています。それを面倒に思う人も少なくないのですが、ルールやマナーを守っていれば住人同士でのトラブルはほとんどありません。契約内容についてもきちんと確認していれば問題ありませんし、トラブルがなければよほどの事情がなければ早期退去を検討する人も少ないのです。つまりシェアハウス生活はルールやマナーに守られているからこそ快適なものになるので、その点を理解して生活する意識と努力が大切になっています。

Copyrights© 2007-2017 GuestHouseBank.com