みんなが気になるシェアハウスコラム「シェアメイト同士が快適に生活するために欠かせないシェアハウスのルールとは?」に関するページです。

Guest House Bank
山手線のシェアハウス

> シェアメイト同士が快適に生活するために欠かせないシェアハウスのルールとは?

シェアメイト同士が快適に生活するために欠かせないシェアハウスのルールとは?

シェアハウスとは、自分の住居部屋だけでなく、他の住居人が共同利用するスペースのある賃貸住宅のことです。血縁関係のある家族が一戸建て住宅で住むのと違い、友人、恋人、または他人と共同生活をするのがシェアハウスの特徴です。シェアハウスでは共同生活でトラブルが起きないように主にふたつのルールが存在します。今回は快適なシェアハウス生活を送るための基本的なルールを紹介していきます。

外部の人に関するルールには何がある?

シェアハウスには外部の人間に関するルールがあります。外部の人間とは、普段シェアハウスで生活をしていない住居人の知り合いなどを指し、外部の人間へのルールはシェアハウスによって異なります。住居人が大勢の友人を呼んでシェアハウス内で騒がれては他の住人への迷惑となるので、外部の人間を招いてはいけない、または宿泊させることを禁止しているシェアハウスもあります。あるいは外部の人間を入れることは可能だが、遅い時間までに帰ってもらうといった時間制限のルールを設けているところもあります。また防音対策がしっかりしているため、特に外部の人間へのルールは決められていないシェアハウスも存在し、シェアハウスの種類によっていろいろなルールが設けられているのです。

少しでも快適に生活するために…押さえたい共有スペースルール

シェアハウスにおける共有スペースとは、住居人がくつろぐためのリビング、キッチン、シャワールームや浴室、トイレなどがあります。ご自分ひとりが利用するものではなく、住居人がみんなで利用するものなのでルールが存在します。そのルールとは、汚したり壊したりせずに丁寧に扱う、使用したものは片付ける、といったシェアハウス内だけでない一般常識に沿ったルールです。そして浴室やシャワー、洗濯機はひとりで長時間独占しないというルールなどもあり、シェアハウスによっては浴室などの利用時間が決められているところもあります。また共有スペースで出たゴミのゴミ出し、リビング、トイレなどの掃除は住居人の当番制になっているところが多いです。

特に音に関することはトラブルになりやすい

シェアハウスでよく起きるトラブルの原因は騒音問題です。騒音の具体的な例は、共有スペースであるシャワーや浴室を真夜中に利用する、または多くの友人を自室に呼んで大騒ぎをするなどといったケースです。これらの騒音により、他の住居人が怒って住居人同士のトラブルに発展することは少なくありません。住居人に求められるのは、トラブルにならないように決められたルールをしっかりと守ることですが、どうしてもシェアハウスに友人たちを招きたい場合は、防音対策がしっかりしている建物を選ぶことです。

一人ひとりがしっかりルール意識を持とう

シェアハウスとは、文字通り住居の空間を他人とシェア(分かち合う、共有)するという住居方法です。自分以外の人間との半共同生活なので、日々円滑に生活が送れるようにルールが敷かれています。しかしそのルールは「自分以外の人間が利用することを考えて迷惑をかけない」という一般常識的なルールです。住居人一人ひとりが最低限の常識を持っていれば、何も苦になることなく楽しいシェアハウス生活を送ることができます。そしてシェアハウスによって細かいルールが異なるので、入居する前にシェアハウスのルールをしっかりと確認することも重要です。

Copyrights© 2007-2018 GuestHouseBank.com