みんなが気になるシェアハウスコラム「ちょっと気になる!シェアハウスの料理事情」に関するページです。

Guest House Bank
山手線のシェアハウス

> ちょっと気になる!シェアハウスの料理事情

ちょっと気になる!シェアハウスの料理事情

シェアハウスに設けられた共有スペースの1つが、キッチン。こういったキッチンの利用の仕方を具体的に知りたいと感じている方も多いかもしれませんね。ここでは、キッチンを利用する際の一般的なスタイルをご紹介していきます。

広いキッチンを使えるのが魅力

多くのシェアハウスのキッチンは、流し台や電子レンジが複数設けられるなど、数名の居住者が同時に利用できる広々としたスペースが確保されています。このような点は、一般的なワンルームの部屋では得られないシェアハウスならではのメリットです。使用する順番などは特に決まっていないことが多く、各自が好きなときに料理をはじめることが可能ではあります。ただ、夕食や朝食、ランチの時間帯はどうしてもキッチンが混雑しますので、他の居住者のことを考えて手早く料理をすることも必要です。料理をした後はそのまま放置をせずに、洗い物や片付けなどはしっかりと済ませておきましょう。混み合う時間帯には、特に料理の内容を考えたいところです。

調理器具に困らない

設備が整っているのが、シェアハウスのキッチンの特徴です。炊飯器やIHクッキングヒーターなどの調理用の家電はもちろん、備え付けの調理器具もあります。1人暮らしを始めるに当たっては、調理器具などをそろえる必要が出てきます。ですがシェアハウスのキッチンの場合は、なかなか買いそろえられない調理器具がそろっていることもあるのが特徴です。従って、料理のバリエーションが広がるのがとても嬉しい部分です。広いキッチンを利用して、普段は作らないような手の込んだ料理にチャレンジすることもできますよ。

料理の腕が上達するかも

シェアハウスではそれぞれの居住者が個人で料理をするのが基本ですが、場合によっては他の居住者と一緒にキッチンに立つことも。お互いが作った料理をシェアしあうといった状況も考えられますので、新しいテイストを試す機会が得られます。料理上手な方がいれば、この機会を利用してレシピや作り方を教えてもらうこともできますよね。誰かに食べてもらうことを考えて作ると、料理にも自然と力が入るものです。料理の腕前が上達しやすい所も、シェアハウスならではの良さと言えるでしょう。

コミュニケーションがカギ

共有スペースであるキッチンを利用すると、居住者同士が顔を合わせる機会が増えます。調理や食事のときに他の居住者と一緒になるといったことも出てくるでしょう。このような状況では、コミュニケーションが大切になってきます。例えばお互いの役割やキッチンを利用する順番については、他の居住者とよく話し合うことが必要です。また、料理をシェアする時にも、コミュニケーションは必須です。役割分担や料理のシェアが上手にできるかどうかは、シェアハウスで快適に暮らすためのキーポイントになってくるでしょう。

Copyrights© 2007-2018 GuestHouseBank.com