みんなが気になるシェアハウスコラム「住んでみて初めてわかる!シェアハウスのメリットはこの3つ!」に関するページです。

Guest House Bank
山手線のシェアハウス

> 住んでみて初めてわかる!シェアハウスのメリットはこの3つ!

住んでみて初めてわかる!シェアハウスのメリットはこの3つ!

シェアハウスに住むことのメリットというのは色々な意見がありますが、一般的によく言われるのは以下の3つのメリットです。シェアハウスに住むことに不安のあるかたや検討中のかたは是非、検討材料にしてみてください。

年齢や業種の違う人と知り合える

人の出会いとは、自分から積極的に行動しない限り、あまり接点のない異世界の人たちと出会う機会はなく、身近な似ている境遇の人としか知り合えないものだったりします。しかし、シェアハウスで自分とはまったく違う境遇の人たちと住んだ場合、まずそのシェアハウスの住人を通じて、今まで知らなかった世界を知ることができるほか、彼ら彼女らが家にお友達などを連れてくることにより、さらに自分の世界が広がります。そして、場合によっては思いがけず自分の仕事との素晴らしい繋がりができるような可能性もあります。

ひとりぼっちではない安心感

体調を崩して寝込んだり救急車で運ばれたことのあるかたは、一人で住んでいると、熱が出始めた時などにこの後どうなってしまうのだろう、などと不安に襲われるものです。しかし、シェアハウスに大人数で住んでいて常に数人は家にいる状態であれば、熱が出始めてもワンルームに一人で住んでいる時のような、先がわからない独り身の不安からある程度解放されます。また、例えば女性の一人暮らしは、昔から危険といわれます。例えばではありますが、場合によってはストーカーの被害に遭うような可能性もあります。しかし、シェアハウスに男性と住んでいれば、家に男が出入りしているだけでも、ストーカーを退治できる可能性が高まります。

大型のシェアハウスにある広さの魅力

シェアハウスは、自分の専有スペースはそんなに広いものではありません。しかし、ワンルームに住んでいるのとはまったく違い、特に借りるのが大型物件であれば、もしかしたら一生のうちで二度と経験できないかもしれない、広い家に住んでいる気分が味わえます。また、大型物件ならコンロが一つだけのようなワンルームの狭いキッチンとは違い、一度に色々なものが調理でき、調理器具を置くスペースもふんだんにあるので、料理に関するストレスもたまらず、料理好きの人には良い環境と言えます。

ルールと分担で住みやすくできる

人にはやはり得手・不得手があるものです。ある人は掃除・洗濯が好きだったり、ある人は料理が好きだったり、ある人は家計簿をつけるのが得意だったり、何かしら好きな家事や苦にならない家事があるものです。その逆で、苦手な家事というものは誰にでもあるものですが、最初に住人が集まって好きで苦にならない家事をそれぞれ申告してそれぞれの担当を決め、全員が苦手な家事があった場合は当番制にして誰にでも平等な状態にしておけば、それぞれが家事に関してもあまり苦労することなく、シェアハウスをエンジョイすることが可能です。

Copyrights© 2007-2018 GuestHouseBank.com