みんなが気になるシェアハウスコラム「賛否両論?シェアハウスの交流パーティ」に関するページです。

Guest House Bank
山手線のシェアハウス

> 賛否両論?シェアハウスの交流パーティ

賛否両論?シェアハウスの交流パーティ

1つの住宅に複数人の入居者が一緒に住むシェアハウスでは、親睦を深める目的で交流パーティを開催しているところもあります。しかし、交流パーティは望む人と望まない人がいるので、注意が必要です。今回はトラブルを未然に防ぐために、シェアハウスにおける交流パーティのメリットや注意点について解説します。

シェアハウスにパーティは付き物?

シェアハウスは他人同士が同じ住宅に暮らすため、良い関係を築くことが重視されます。そこで週に1回、または月に1回程度の頻度で入居者が集まって交流パーティを開催するケースが多いです。料理を振る舞って入居者同士で話をするパーティが多く見られます。シェアハウスに入居すると交流パーティが必須と考えている人もいますが、実際は物件や運営会社によって開催頻度が異なります。なぜなら物件ごとに入居者の年齢や職業が違うからです。入居者が集まるのは難しい、または交流パーティを望まない人が多い場合は滅多に開催しないこともあります。

パーティを行うメリットは?

交流パーティーを開催する最大のメリットは、入居者同士で仲良くなれることです。良い関係を築けば困った時に助け合い、トラブルになった場合は揉め事に発展する前に話し合いで解決できる可能性があります。日常生活を気持ちよく過ごせるため、交流パーティを開催しているシェアハウスが多いと言えるでしょう。
料理を振る舞うパーティなら、作る人と食べる人に分かれるのが一般的です。食べるだけの人は料理を作る必要がなく、面倒な手間がかからないこともメリットとして考えられます。一緒に料理を作るタイプは、上手い人から技術を盗むきっかけにも成り得ます。
特に交流パーティを頻繁に開催しているのは、外国人入居者が多いシェアハウスです。仲を深めると同時に英語力を身に付ける目的があるので、交流パーティを機に国際交流を楽しめます。

パーティを行うときの注意点は?

メリットが豊富ですが、一方で開催頻度が多過ぎるとストレスに感じる人も出て来るでしょう。交流パーティは入居者が楽しめるように催すものなので、ストレスになってしまうと本末転倒です。全員が楽しめる内容及び開催頻度を設定することが、非常に重要となります。また、参加しない人に対しての配慮も忘れてはいけません。パーティ中に不参加者が部屋にいる場合は騒がしくしない、交流パーティを望んでいない人には参加を強制しないことが大切です。不参加者の部屋へ料理だけ届けると、良い印象を抱く人が多く見られます。

入居前にパーティの頻度を確認

これから入居するシェアハウスを決める時は、交流パーティの開催頻度を判断材料にする方法もアリです。運営者にパーティをやりたい旨を伝えておけば、あなたに合った物件を紹介してくれます。内覧時には入居者の距離感やパーティの頻度を聞いておくと、入居後のギャップを未然に防ぐことができます。交流パーティを頻繁に開催しているシェアハウスでも、参加義務があるわけではありません。余裕がある時は参加して、難しい時は参加しなければ良いのです。パーティ以外でも入居者と親睦を深めることは十分可能なので、パーティの有無を気にし過ぎず素敵なシェアハウスを見つけてください。

Copyrights© 2007-2018 GuestHouseBank.com