みんなが気になるシェアハウスコラム「日本に居ながら英語を学ぶ!国際派のためのシェアハウス探し」に関するページです。

Guest House Bank
山手線のシェアハウス

> 日本に居ながら英語を学ぶ!国際派のためのシェアハウス探し

日本に居ながら英語を学ぶ!国際派のためのシェアハウス探し

英会話を身に着けるために大切なことは、外国人と実際に英語で会話することです。外国人と同居できるシェアハウスで生活すれば、日本で日常生活を送りつつ日常的に英語を使うため、自然に英語が上達することが多いようです。今回は、英語を習得したい人がシェアハウスで暮らすメリットやシェアハウスを選ぶ際の注意点について、ご紹介します。

活きた英語を学ぶならシェアハウス

ひとくちに英語と言っても、話す人の出身地や社会的階層によって発音や言い回しなどの違いがあり、さらに口語的表現も多く存在します。場所や相手を問わず困らないだけの英会話力をつけるためには、多様な英語に触れることが効果的です。
そのために海外留学する人もいますが、まとまったお金と時間を費やさなければなりません。その点、日本で外国人と共同生活するシェアハウスなら、特別にお金や時間を使わず日常のなかで英語に触れる機会を多く持つことができます。
シェアハウスにはさまざまな国の外国人が入居していることも多く、なかには英米やオーストラリアなど英語ネイティブの人もいれば、第2言語として英語を話すバイリンガルもいるでしょう。さまざまな英語に日常的に触れられる場として、シェアハウスは理想的な環境のひとつといえます。

英語レッスン付きのシェアハウスも!

様々な国の人と共同生活するなかで異文化交流も楽しめるのは、シェアハウス生活の魅力のひとつです。シェアハウスでは、国際的な視野と感覚を養いたい人にとって貴重な経験をすることができるでしょう。
ところで外国人とのシェアハウスをしている人といえば、海外留学をした経験がある、英会話スクールに長く通ったことがあるなど、ある程度の英会話スキルを持っていることが多いようです。しかしなかには、実際に外国人と英語で会話をした経験があまりなくて自信のない人もいるかもしれません。
そんな人のために、無料英語レッスンを定期的に実施しているシェアハウスもあります。レッスンの頻度やレベル、内容などはシェアハウスごとに異なるので、契約前によく確認したほうが良いでしょう。

英語を学びたいなら注意も必要

一方、英語習得がシェアハウスに住む最大の目的の場合は、選ぶ時にいくつか確認が必要です。
まず、英語を母国語とする外国人が多く入居しているかどうかチェックしましょう。いろいろな英語に触れることが大切とはいえ、やはり英語を自由自在に使いこなしている人と多く会話するほうが、正しい英語を学べるからです。
また、英語がまったくできない人がいきなり外国人との同居に飛び込むのは少し難しいかもしれません。入居前に中学校で学ぶ程度の基礎的な英語力をつけておいたほうが良いでしょう。
もうひとつ確認したいのは、英語で話してくれる人が住んでいるかどうかです。日本語を覚えるためになるべく日本語を使うようにしている外国人も増えているため、そのシェアハウスの住民がどの言語をメインに使用して会話しているか確認しましょう。

英語を学びやすい環境を選ぶことが重要

外国人との共同生活ができるシェアハウス暮らしでは、日常の中で英語スキルをアップするチャンスが多くあります。とはいえ、どのシェアハウスに入居しても必ず英語が上達するというわけではないので、選ぶ時に注意が必要です。たとえば住民構成はシェアハウスごとに異なるため、まずはそのシェアハウスの住民の間の共通言語は英語であるか、英語のネイティブスピーカーは多いかは確認すべきでしょう。そのほか英会話レッスンの有無や自分自身の英語レベルなども吟味し、自分にとって英語を学びやすいと思われるシェアハウスを選ぶことが重要といえるでしょう。

Copyrights© 2007-2018 GuestHouseBank.com